どんな仕事を開業するのか

考えてみよう自分のスキル

稼げる仕事を選ぶよりは、趣味や興味のある仕事を選んだほうが続くとされています。
資格取得や経験などを積む必要がないからです。
芸術やスポーツ、語学など教える仕事は自宅で開業しやすい職種です。
自宅を利用するケースが多いのは書道講師や日本語教師などです。
道具さえ揃えていれば開業できますし、開業までの資格取得も通信講座など手軽に勉強できるということです。

外国人相手に日本語を教えるのが日本語講師ですが、日本語学校に所属して好きな時間に非常勤講師として働くことも可能であり、このさき日本で外国人の人口が増えると言われていますので、需要があります。
こちらも通信講座などで勉強できますので、スキルを身に着けてから目指すこともできますね。

価格は自分のスキルの値段

趣味など自分がやりたい仕事でお金を貰うことに抵抗がある方もいますが、価格を下げてしまいますと教室の魅力が価格だけになってしまい、一度下げた価格は上げづらくなってしまうのです。
お客さんは自分に不利益になることのほうが印象に残ってしまいますので、極力マイナスな運営はしないほうが良いです。
これはニュースで原材料が高くなり値上げに苦戦する企業と同じで、プロとしての金額を設定し、スキルに合ったお金をいただきましょう。
サービスを行えば赤字になっていくような価格や運営は好ましくありません、自分にしかできないサービスを売りにしてリピーターを獲得しましょう。
重要なのは自分が提供するサービスなので、価格競争では大手に勝つことはできません。



TOP